ヨハネス・イッテンの精神を継ぐ、プラネテの美しい色合い

    「Le plein ete + coaroo」は、フロント面の生地に自由学園生活工芸所のオリジナルファブリック「プラネテ(Le plein ete)」を使用しています。
    「プラネテ」は先染め織によって生まれた、豊かな質感をもった最高品質の生地です。高度な技術力を持った日本国内の機屋で製作され、密度が高く丈夫な帆布生地は耐久性に優れています。
    「プラネテ」はフランス語で「盛夏」を意味し、その美しい色合いは、バウハウスのマイスターであり、後の美術学校「イッテン・シューレ(Itten Schule)」の創設者であるヨハネス・イッテンの「色彩論」に基づいて創られています。
    1930年、日本の自由学園から山室光子と笹川和子の2人が「イッテン・シューレ」に派遣され、1932年に帰国して創設されたのが自由学園工芸研究所です。バウハウスから続く不変の美しさを持つ 「プラネテ」と、日本の「たすき」や「おんぶ紐」の構造に学び、状況に応じて気持ちのままに変わる柔軟さを持つ「コアルー」。その「良いとこ取り」をご堪能ください。

    「プラネテ」について、詳しくは自由学園生活工芸所のWEBをご覧ください。
    https://jiyu-craft.typepad.com/textile1/

    重量:約540g
    仕様:幅32cm、高さ26cm、マチ12cm
    ポケット:外側×4つ(ファスナー付き1つ)、内側×2つ
    素材:本体・綿100%(上部ファスナー開閉)
    ※ベルト部分はアクリルとなります
    ※洗濯不可
    ※生地は自由学園生活工芸所のオリジナルファブリック「プラネテ」&倉敷帆布を使用しています。

    マジョルカブルー

    12,960円(税込)

    ダリア

    12,960円(税込)

    【新色】スプラウト

    12,960円(税込)

    【新色】カモミール

    12,960円(税込)

    送料は600円+消費税、代引き手数料は全国一律300円+消費税
    会員でメルマガ希望の方、5万円以上お買い上げの方には無料!➡会員登録はこちら
    お急ぎの方にはカード決済で、お届け日を指定せず、その旨メッセージでお書きください。
    商品の交換、返品、修理など、さらに詳しい内容は➡「ショッピングガイド」でご覧いただけます。
    プラネテ × コアルーバッグ 倉敷帆布
    ★★★★★
    ★★★★★
    4.0
    レビューを書くには または してください。
    帰省時の必需品
    ベリーを購入しました。
    新幹線を使うのと私はザックリ収納が合うようでこのバッグに辿り着きました。

    遠出帰省のため荷物が増えると当然重くなり、おんぶにバッグ前抱え.....となると大変ではありますがバッグ自体は軽くそこは嬉しい誤算。100均ポーチと圧縮袋を使い、紙オムツ(L)5枚・お尻拭き・着替え一式・私を含めた3人分のお薬手帳や診察券一式・爪切り塗り薬絆創膏その他一式・エプロンやお食事セット・ベビーチェアベルト・マグマグ・お菓子・DM絵本や玩具・その他は折り畳み傘やガーゼとティッシュにハンカチ....位でしょうか?卒乳前はミルクセットもあったのでオム枚数を減らしてもパンパンでした。

    余計な仕切りが無い分工夫すれば荷物は収まりましたよ。コアルーベルトのお陰で(今のところは)ずーっと背負う必要もなく、ベビーカー持ち手に掛けられますし長時間用として使っています。とはいえ卒乳前はワンサイズ大きめが欲しかったなぁ(笑)やはり軽さも重要...後は値段がもう少しお安くなれば有り難いですね!
    投稿者:maoiRey ( 40代 女性 専業主婦(主夫) ) 投稿日:2017/09/20

    (全1件)
    レビューを書くには または してください。

    プロデューサー・
    インタビュー

    この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

    coaroo(コアルー)バッグは一本のベルトで、簡単にリュックや前抱えなど5WAYに変身することができるので、「とにかく便利!」と好評いただいております。このアイデアは子育ての大変さを経験しながら、抱っこ紐やママバッグの不便と格闘していた中、突然閃いたものです。

    もともとバッグを作ったこともデザインしたことも無かった私は、起業して商品を作っていくうえで、多くの試行錯誤をしました。その過程で、良い素材に出会えること、良い作り手に出会えることの大切さが身に沁みたものです。

    そして、当時世話になっていた東京都中小企業振興公社の販路開拓支援事業であるナビゲーターの井上進さんと出会い、ご紹介いただいたのが自由学園生活工芸研究所でした。使う人の気持ちに沿った物づくりの姿勢が感じられる商品を多く手掛けられ、中でもこのプラネテからは、その上品で引き込まれるような完成度の高さに惹きつけられました。

    井上さんの丁寧で粘り強い仲介のお陰でコラボ商品が作られることになったので、とっても嬉しかったです。自分の娘に気に入ってもらえるバッグが出来るかも知れないと、胸を躍らせました。


    最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

    コアルーバッグは状況に応じて自在に掛け方を変えられる、非常に実用的でタフな機能なので、プラネテの良さを生かしながらその機能性を存分に発揮できるよう、倉敷帆布との掛け合わせを提案させていただきました。初期のコアルーバッグは厚めの帆布でのデザインだったため使いはじめは硬かったのですが、プラネテとの融合によって馴染みやすく柔らかくなりました。

    自由学園のデザインチームは、テープやファスナーなどの部材においても非常に丁寧に選んでくれたので、一緒に作っていく作業が大変勉強になり愛着も湧く作品になっています。

    ある時、このプラネテ×コアルーに一目ぼれされたお客様の言葉が印象に残っています。「リュック掛けにすると物の出し入れもラクだし、バッグが汗じみにならないから良いね!プラネテでキレイなコアルーバッグを作ってくれてありがとう。大事にするわ。」コアルーの良さをよく理解され、プラネテの美しさをよく感じていらっしゃる方ならではのご感想だったと思います。

    さらに前抱えにすることで、この愛すべき美しさを我が子のように抱ける!状況に合った掛け方に自在に変えられることで、バッグのストレスが無くキレイなままのプラネテ姿でいられます。機能でファッションを支えている、という自負心を感じられた瞬間でした。


    この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?

    通常のショルダーバッグとは異なり、コアルーバッグは両脇に2本のベルトを縫い付けます。このことでバッグ本体に安定感が生まれ形も崩れにくくなります。バッグが安定すると、それを掛ける人の体も安定してきます。そしてリュックにしたり前抱えにすることで両肩に重さを分散させ、安心感のあるラクな姿勢をとることができます。

    ポケットの配置は、掛け方が変わってもそれぞれ便利になるように、サイドポケットを付ける、前面のポケットにはファスナーを設ける、背側のポケットはオープンにするなど、コアルーならではの使いやすさを追求したものになっています。前ファスナーを入り口から深くに付けることで、外からあまり目立たないようにするなどの細かい所まで配慮されています。

    程よいベルトの幅、そして左右のベルトをつなぐ真ん中のコアルーパッドですが、ここはコアルーバッグの掛け方の決め手となるところ!

    量産品では味わえない包まれる感じに仕上げられるようなデザインを提案しました。ツヤ感のある素材でテーピングされることで、小さいパッド部が華やかに仕上がり愛らしく思います。二つのホックで留められている部分をそっと開けてみて下さい。パッドを経由し両方のベルトが分けられていることで、この5つの掛け方が可能なんだとお解りいただけると幸いです。


    (「アシストオン」インタビューより)
    http://www.assiston.co.jp/3105

    関連商品

    ビッグマルシェ
    9,936円(税込)
    リブレネオ
    8,964円(税込)
    星迷彩Sサイズ
    5,940円(税込)