かけ方いろいろ、コアルーバッグ。

ビジネスコアルー超楽超便利


在宅勤務でPCを持ち歩く機会が増えた?

在宅勤務でPCを持ち歩く機会が増えた?

仕事道具はとにかく重い! 書類の他、パソコンと周辺機器も。最近は在宅勤務が増え通勤は減ったはずなのに、「週1、2回の出勤日には自宅で使っていたノートパソコンを持っていかなければならなくなった」との声も! 忙しいビジネスマンは、歩きや電車での移動、カバンを持ったまま移動中に電話に出ないといけない時や雨の日の移動もあるので、大事な仕事道具としてのバッグ選びは大事です。

重さ対策は「掛け方」で決める

重さ対策は「掛け方」で決める

フォーマル感をいちばんに考えるなら手提げタイプ。
もう少し実用を考えると斜めかけショルダーベルトがついているタイプですが、実際男性の方は斜めではなく肩掛けに使う方が多く、ベルトが長いので肩から落ちそうになり片方の肩が上がってしまいますので、姿勢にも悪影響です。
最近はスーツ姿にトートやリュックも当たり前になりましたが、電車の中では前側にしないといけません。リュックは背中が蒸れて汗ばむ原因にもなりますが、やはり重さを分けるには外せない掛け方です。
これらを一つに賄えるのが多機能タイプで、手提げ、斜めかけ、リュックにできる3WAYタイプの場合、カバンを横にしたり縦にしたりすると中身も気になります。

だからコアルー
営業マンの救世主となるか?コアルーバッグ

コアルーバッグは斜めかけのショルダーベルトの構造に若干の違いがあるだけなので、スタンダードなビジネスバッグの形状を保つことができます。 しかし掛け心地は大きく異なります。 普通に斜めにかけた時にも真ん中のパッドの働きでベルトが肩に直接当たらないし首の方に食い込みにくいです。 男性によくある肩掛けの時も肩の角度に合わせて流れを作りやすいのでラクです。

肩に優しい構造のストラップ

ショルダーから簡単にリュックに変身

ショルダーから簡単にリュックに変身

背負うことが都合悪い時には前に

背負うことが都合悪い時には前に
動画で見るとわかりやすい
リュック

脇の下にベルトが来ないのでスーツにシワも作りにくいです。自転車で通勤される方にもこの形がおすすめ。カゴを使わず腕もラクです。

前抱え

腕を通した瞬間、ホッとする極上の分散力! リュックの時よりもはるかに軽く「ラク」に感じます。立っている時だけでなく座っていてもバッグが滑り落ちたりベルトが緩くなることもないため安心感と安定感が得られます。鞄の中身も出し入れしやすくスマホの操作もラクになります。

椅子にも

同じようにベルトを広げて絡ませれば、事務所やカフェの椅子にも掛けやすい! こんなにシンプルに、こんなに簡単に形が変わるなんて、これぞ特許構造です。

女性のためのビジネスバッグはまだ開発途中ですが、容量的にもデザイン的にもニューマルシェを代用されていらっしゃる方は多いです。

そしてお持ちのビジネスバッグに「コアルーストラップ」をつけることで、好きなブランド、使い慣れた構造を保ちながら「掛け方」だけを便利にすることもできますのでどうぞお試しください。