かけ方いろいろ、コアルーバッグ。

お散歩と自転車にコアルーバッグ


お散歩や自転車バッグ選びの「あるある困った」

お散歩や自転車バッグ選びの「あるある困った」 お散歩や自転車バッグ選びの「あるある困った」

休日を楽しむとき、サイクリングを楽しむとき、駅まで歩く、自転車通勤、お買い物に出かけるとき…。 そんな時はなるべく両手を自由にしたいし、荷物を減らして「軽く」、両肩に「バランスよく」持ちたくなります。 やはりリュック?となり勝ちですが、荷物が多くないとボディーバッグやメッセンジャーバッグがいいし、時にはウェストポーチが向いている場合もあります。 でも、それぞれこんな「困ったこと」ありませんか?

リュック

両肩に均等に重さがかかるのでバランスを保ちやすいですが、物の出し入れのたびに下ろすのが面倒だったり、縦型なので物を探しにくい時も多いです。 そして何より背中が暑くなりやすく汗で跡が残る時もあります。

メッセンジャーバッグ

斜めかけショルダーバッグは手が空いて自由だけれども、重く感じやすく後ろからずり落ちるのが面倒なので、よりフィット感のあるメッセンジャータイプが人気です。 リュックに比べるといずれも片方の肩だけに重さが集中して、時々左右を変えたりもしますがいつの間にか「くせ」ができて違和感を感じる人も多いようです。

ボディーバッグタイプ

オフの日のお出かけは、仕事の時より荷物の量が少ないため、メッセンジャータイプより小型で体にフィットする形のバッグが人気です。 でも荷物が少ないから決して軽いわけじゃない。 携帯電話と長財布、ペットボトル。これだけでもカバンの重さを入れると多くの場合2キロ以上! 片方だけの肩に負担がかかるのはメッセンジャーバッグと同じマイナスポイントです。

ウェストポーチタイプ

軽く走るときや、リュックとの併用の際はウェストポーチは便利です。 ただ、腰回りの締め付け感、ファッション的にカジュアルになりすぎたり、座る時やトイレでは邪魔に感じる場面も多々あります。

だからコアルー
コアルーバッグで「新しいリュックスタイル」を

コアルーバッグは特許取得のベルトの構造で、簡単に斜めかけショルダーから二つのリュックスタイルに、メッセンジャーバッグに、前抱えにまで「簡単に」変身します。 必要な時に必要な形に、必要以上の手間はかけないで変わるという「手軽さ」が◎。 中でもリュックスタイルはお散歩( 特にワンちゃんのお散歩に最高)や自転車、ノルディック・ウォーキングでも大変オススメです。

ショルダーから簡単にリュックに変身

ショルダーから簡単にリュックに変身

背負うことが都合悪い時には前に

背負うことが都合悪い時には前に
動画で見るとわかりやすい

そんなに下に来ても大丈夫?重く感じない?と疑問になりがちですが、実際荷物を入れて歩いてみると、非常に安定感があり、前にしゃがんでも後ろから落ちないので不思議です。 そして背中から離れた位置なので汗ばまずに快適に動き続けることができる! 横ポケットにボトルやスマホを入れておけば鞄をいちいち下ろさなくてもサッと手を伸ばしてすぐ取り出すこともできます。

特にこのパッドが前(胸)あたりにくるリュックスタイルなら、よりフィット感が増すので安定しますし、脇の下の所にベルトが通らないので締め付け感もなくラクです。 自転車に乗るときは前かがみの姿勢で腕も前に出すのでこのスタイルがオススメです。
大荷物なら背中全体を使って重さを分散したほうが楽ですが、通常の使い方や荷物が軽い日なら本格的なリュックの不便を多く解消してくれるコアルーバッグの方が「断然便利」に感じます。

散歩の帰りにお買い物

散歩の帰りにお買い物

お仕事帰りに一駅歩いて帰りたい。お散歩帰りに買い物もしたい。 ついつい荷物が増えると手もふさがって来ますし重さで疲労感も増してきます。 自転車も雨の日はカゴを使いたくないし、荷物が増えるとカゴもいっぱいになりますから、コアルーバッグで安定したリュック姿になれば状況が変わっても快適になれると思います。 自分の場合ですが、普段のコアルーバッグは少し大きめにすることで帰りにちょっとした買い物したものも入れて余計な荷物を増やさないようにしています。 普段は斜めかけやトート風に掛けても、荷物が重くなった時にはリュックにすればいいわけですから。 やはり「変えてみて初めて実感」するラクさ、「変えたい時にすぐに変えられる」ところが便利です。