かけ方いろいろ、コアルーバッグ。

2012/11/09 レビュー

キャンプでも・・・

毎週末のようにキャンプに出掛けるメンバーのTさん一家

この夏に長野県の妙高高原のカヤの平高原に行かれた時の話です。

広大な牧場に隣接しているキャンプ場に2連泊。

近くに美しいブナ原生林やシラカバ林の景観が広がる散策路があり、
少し歩いてみようということになったそうです。

緑豊かで風も涼しく、気持ちがよかったため、
惹かれるように歩くこと、なんと4時間

軽い散策のつもりが、しっかりとしたハイキングに

今回はキャンプがメインのつもりだったので、
持参していたのはリュックサックではなくてコアルーバッグ

コアルーをリュックスタイルにして歩いていたため、
肩も楽チンで、背中に汗をかくこともなかったそうです。

その前の週に、日光戦場ヶ原にてリュックサックで
トレッキングをしたところだったので、
背中の涼しさがよくわかったと話してくれました。

背中の快適さはもちろん、その場の状況に合わせて
臨機応変に対応できるコアルーバッグ

普通のショルダーだとこうはいきません。
ここにも魅力あり